☆歴史☆

お客様のお宅にお邪魔した時のこと。

何十年か前にこのお宅のお父様が手書きで書いたという絵を

許可を得て撮影させていただきました。

インク式のペン1本で書かれているこの絵を

いずれは処分するという息子さん。

IMG_1853

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても素晴らしく現実離れした絵に、しばし見とれました。

たくさんのゴミを処分代行を請け負ってきましたが

手書きで書かれたこの絵に想いを感じました。

親鳥が必死な想いで狩りをして大きな魚を

2人の息子に食べさせるために巣に向かっている。

周りの木々には実りがない、親が食べなくても

雛鳥に餌を持ってくる大変さを書いているのではないかと…

 

父の偉大さと、歴史を感じた瞬間でした。

 

ご家族の思い出の品、思い出の写真、

どんな形でも1つは 皆様が残しておけるような環境であってほしいと

思った1日でありました。

 

しんみりした お話でしたが!

 

今日も皆様に素敵なことがたくさん訪れますように…☆

 


最近の投稿

カテゴリー

ページの上部へ