☆8年が経ちました☆

おはようございます。

酒田市・鶴岡市・庄内町・遊佐町

を中心に活動している

【便利屋すまーと】クルーの鈴木です。

 

3.11東日本大震災から、今日で8年が経ちました。

あの日あの時、あなたは何をしてたましたか?

便利屋すまーとには、仙台市から移住して来た

クルーが居ます。

 

向こう岸の火事程度にしか感じていなかった

人もいる、この未曾有の大災害。

 

すまーとクルー達は、実際の体験談から

普段からの災害への備えや心構えを

日々、学び、実行、お客様のために備えています。

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

 

備蓄食料や避難道具の常備。

震災から日が浅いうちは士気が高く避難準備を

行いますが、時間と共に薄れていきます。

 

人の役に立つためには、まず自分。

自分たちの事は自分たちで出来る事が

便利屋としての基本中の基本。

 

すまーとクルーの自宅玄関には常に、

避難グッズがリュックにまとめてあります。

備蓄食料の賞味期限の確認や電池の使用期限、

照明器具の動作確認も定期的におこないます。

 

口で便利屋を名乗るのは簡単です。

 

心構えから士気高く常に想定外を無くす。

見えない事ですが、この仕事に誇りを持って

これからも町の便利屋さんとして、ひとりでも

多くの方の困り事を解決して行きたいと

再認識させてくれる日です。

 

皆さんはどう感じるでしょうか?


カテゴリー

ページの上部へ